« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月20日 (土)

十九話「働く女(ひと)のルール」明日香出版社

 関与先の会社を見ましても、最近は女性社員の人数が増えていますし、活躍も目立つようになりました。
 中小企業の多くは、思うように思うような人材が中々採用できないのが実情ですから、女性に限らず、高齢者や外人雇用、派遣やパート、契約社員など、「人と働き方を選んでいられない」ともいえます。

 さまざまな会社で若手の女性社員を見ていますと、同世代の男性社員と較べると平均して明らかに「しっかりしている」と思えます。
「しっかりしている」というのは、自立心が強い、いわば生活力、根性があるということです。勿論、全員ではなく、人によってですが、平均してそういえると思います。
 その点では明確なミッション、役割、ポジションを与えると、高い能力を発揮し、バリバリと仕事をこなしてくれることが期待できます。企画型の仕事などは特に向いているでしょう。
 ただそれらは多くの中小企業の弱い点でもあります。

 明日香出版社のルールシリーズの新刊、有川真由美さんの「働く女(ひと)のルール 」は会社という組織で働く女性のための働き方のコツを書いた本です。
 多くのページがそんな女性の「気持ちの持ち方のルール」に割かれていて、「気持ちよく働くためのヒント」が肩を張らず、気持ちよく書かれていて、気持ちよく読める内容になっています。
 著者は「助けてもらい上手」が出来る女性の条件としていて、そういう女性の共通点を次のようにあげています。

1.自分からお願いしない
2.支援を断らない
3.仕事に一生懸命
4.出会いを大切にする
5.誰にでも平等に接する
6.人のために何かする
7.感謝する
8.完ぺきでない

 なるほどです。きっと採用時のチェック項目に採り入れたい中小企業が多いことでしょう。「完ぺきでない」などは絶妙なニュアンスです。気に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

十八話「経営者がつくる評価基準」

 随分といろいろな企業の人事に関わらせて頂いたお陰で、中小企業の賃金・人事は大手企業のそれとまったく違う観点から見ないと上手く行かないことを何度も痛感しました。つまりそれは市販の大手企業中心に書かれた賃金・人事の専門書があまり役に立たないことでもありました。

 その一つが評価基準です。

 これまで、人事考課表など評価についてご相談頂いた場合、大きく三つぐらいのパターンがありました。評価はしているが、社長さんが「エイやっ!」で決めているケース(本当はそれほどエイやではありません)、考課表はあるけれども専門書や他社のコピーで取り合えずそれなりに点けているケース、いろいろ独自の評価をしようとしているがあれこれと試行錯誤するばかりで毎回考課表も変わってしまうような一向にに定まらないケース、などです。

 自社の評価基準を考えた場合に、それがどんなに立派な考課表であっても、借り物で上手く行く筈がありません。人事部が考案するような大手企業の考課表は中小企業の実態と乖離し過ぎているように思うことがしばしばで、あまり役に立ちませんでした。

 かといって、いつまでもエイやと言う訳にも行きません。けれども、中小企業の経営者は『こういう人を評価したい』『こういう人にお金を出すのは惜しくない』というのを大体お持ちです。ただ、それが抽象的だったりするのと、人事考課の枠組みの中で表現する、活用する方法が分からないだけというのが本当のように思います。

 中小・中堅企業の評価基準は経営者がつくるべき、と全ての企業に当て嵌まる訳ではありませんが、そのように思いお手伝いをして来ました。

 随分と事例が溜まりましたが、出来上がった評価基準にはその会社の「人材基準」や「行動基準」と呼べるないようのものがかなり含まれており、各社各様、個性豊かなものばかりに見えます。

関連セミナーのご案内 ワンポイント・セミナー「経営者がつくる評価基準」、ときどき開催いたします。ご関心のある経営者の方は是非どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »