« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月26日 (日)

二十二話「飲食業の人事制度から」

 先日、加盟するグループの勉強会で大阪の飲食業チェーンの社長さんと後継予定の息子さんのお話を聞く機会がありました。

 経験上、飲食業の業態は人事制度がなかなか難しく、卸や製造業と同様の方法が当て嵌まり難いと思っていましたし、そもそも経営者が人事制度なるものをそれほど重視されていない会社が多い、というのが本当のところと思っていました。

 ひとつには料理人(コックさんや板前さん)や店長などは専門化しており、独特の業界のしきたりがあるのと、一般の企業と違いスタッフも含めて、もともと労働市場が流動化していて、賃金等についてもマーケットプライスが出来上がっているという特殊な業界と思っていたからです。

 でもこの会社では人事制度はたいへん重要と位置づけ、非常にきちっとした比較的オーソドックスな制度を構築し、制度通りに運用されてたのは驚きでした。

 とりわけ意外だったのは、一般の企業のように新卒に近いような若いスタッフから育て定着をはかれば、人件費はもっと押さえられる、モチベーションアップも含めこのような人事制度はその点でも大切である、などと社長さんが言われことでした。

 どちらかといえば、この業界の人事といえば、人の遣り繰りと法的な対応に終始しがちな中にあって、この会社のお話は意外なことばかりで勉強となりました。

 意外の駄目押しはまだ若い息子さんで、中途入社から今は営業部門の責任者をされていましたが、人事制度を当初コンサルと共につくられた社長さん以上に非常に良く理解されていて、私どもに精緻に説明されたことでした。

 多分ご本人は父親の会社に入り、後を継ぐことに逡巡の繰り返しだったと思いますが、人事を大事にするとこういうご利益(ごりやく)がめぐってくるという、われわれコンサルにとっては見本のような会社でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

二十一話 人事コンサルその① 『しくみとしかけ』

 人事コンサルというのは何をしているのか、何をしてくれるのか、よく分からないというのが相談に来られた大半の方の感想です。本当のところだと思います。

 弊社のグループでも会計事務所や社労士というのは明確ですが、企業のコンサルティングでしかも「人事」となると、一般には想像もつきにくいようです。(そういうこともあって、このブログを書き始めて、ようやく20話を越せました。)

 人事コンサルのめざすところは会社を人事の面から良くして行きましょう、ということです。「良くする」とはつまるところ業績を上げるとか、生産性を高めることです。「人事の面から」とは正確には「人事のしくみしかけでもって」の意味です。

私どもが得意とする中小企業の分野では、「しくみ」つまり「制度」をつくっただけでは上手く機能しないケースが多く、むしろつくった後の「運用」に力を掛けないとならないのですが、それが「しかけ」のことを指します。

しくみ(制度)の「広報」「実施のタイミング」「使い方の指導」「部分修正」など会社の実情に合わせて行かないと、立派な制度をつくっても成果に結びつきません。そのようなことは専門書やセミナーなどの座学ではなかなかつかみにくいところです。

人事コンサルの立場は外部から会社の人事を見るというものですが、外から見ると課題やポイントがよく見えます。特に経営のなかでの人事の問題がわかり、しくみとしかけに活かします。

組織立っているようで組織化されていないのが中小企業ですが、その特性から大企業とはまた違った人事の観点から、会社を良くする「しくみとしかけ」は随分あるように思えます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

二十話 坂口至徳氏講演「ロボット大国に未来はあるか」

 先日、私どものグループの関与先さまの親睦会で産経新聞論説委員の坂口至徳氏による「ロボット大国に未来はあるか-科学技術の視点からの報告」の講演をいただきました。

 ロボット開発の珍しい映像など興味深い内容の連続で、特にホンダのアシモの開発過程における二足歩行の試行錯誤の映像は、まるでSFかアニメを見ているようでエキサイティングな感動ものでした。歩行型ロボットでは日本が世界をダントツにリードしているとのことです。

 ちょうど高専でロボコン部をやっている私の息子が、この5日のロボコン近畿地区予選大会に向けて学校に泊り込みの悪戦苦闘で取り組んでいる最中です。今年の大会テーマが今までの車輪型に変わって、初の歩行型ロボットという話ですから、いよいよ人型ロボット実用の時代の到来が現実みを帯びてきました。

 あと十年もすれば、高齢少子化人手不足の日本の家庭に、家政婦さんよろしく普通に働いているのかもしれません。

 そのときのロボット家政婦さんの報酬は時給でしょうか、はたまた年俸でしょうか。

関連図書 『技術立国日本の逆襲 』坂口至徳著(産経新聞社) 
TV放映 ロボコン2008「生命大進化」近畿地区代会 NHK総合 11月16日(日)13:05~13:59

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »