« 二十四話 広告クリエイターのセミナーから | トップページ | 二十六話 「2008年冬季賞与動向」 »

2008年11月30日 (日)

二十五話 「達成結果と目標設定」のコンサルから

 10月から11月中旬ぐらいまでは、関与先の目標管理の結果確認と次の期の目標設定の丁度、切り替え時期にあたり、面接の指導で結構スケジュールが塞がり、走り回ります。地方の営業所に行くことも多く、一日がかりになったりします。

 世界的な景気後退で、全般には業績はかんばしくなく、下がり気味ですが、この達成結果が直接反映される冬季賞与はまだ昨年並みに賞与総枠を取るところも多々あります。でも、中小企業全体ではこの冬の賞与はかなり厳しいと思われます。現在までのところ、統計予測がほとんど出ていませんが、発表されている大手や中小の予測(三菱UFJリサーチ&コンサルティングで△1.8%)よりはまだかなり悪くなるでしょう。

 また、この次の期(概ね来年3月末までが多数ですが)の設定はもっと深刻です。消費の落ち込みと材料原価の急なダウンに売価の下げ圧力は強まっていますが、急すぎて対応ができていません。高値で仕入れた在庫をはけないまま、売価は日に日に下がってゆきます。景気の良かった輸出関連はあまりにも突然の失速、海外市況の悪化と円高でダブルパンチです。この先、年明けからの予測が本当にできないのが現状です。おそらく中間で目標の軌道修正の必要なところが沢山出るでしょう。

 でも全ての会社が良くない訳でありません。伸ばしている中小企業も勿論ありますし、これをチャンスに設備投資や人材確保をしようというところもあります。

 明日香出版社の会でFXのベストセラー作家の山根亜希子さんが言われていたように、この円高で来年は空前の海外旅行ブームになるかも知れませんし、正月の海外旅行をキャンセルした分で百貨店の高いおせちが売れているように近場の贅沢に商機が来るのかも知れません。

 まさに予測不能の変化の時代です。現実を追っかける、機会を逃さないところがどうも強そうです。先日の弊社のセミナーでアサツーDKの原田講師が解説していた「通販広告の最適化」、つまり売れた広告のみを残し積み重ねる手法はこれからの時代、すべての営業に当てはまるような気がします。

 

|

« 二十四話 広告クリエイターのセミナーから | トップページ | 二十六話 「2008年冬季賞与動向」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二十五話 「達成結果と目標設定」のコンサルから:

« 二十四話 広告クリエイターのセミナーから | トップページ | 二十六話 「2008年冬季賞与動向」 »