« 五十六話 民主党政権と雇用 | トップページ | 五十八話 次世代勉強会のレクチュア »

2009年9月14日 (月)

五十七話 「伸びる通販と広告戦略」セミナー

 昨日、弊グループの関係先の懇親会で大手広告代理店ADKダイアログのCMO伊藤博永氏に講演を頂きました。テーマは「伸びる通販と広告戦略」~顧客を惹きつける通販の手法と広告作法~でしたが、100名を越す満員御礼となりました。この低迷する景況、不透明な先行きの中、やはり皆さん販売チャンネルや販売手法に感心が高く、なんとか打開、攻める方法を模索されていることが窺えました。
 中小・中堅企業が大手広告代理店を使える予算はなかなか無いでしょうが、講演は「なぜこの不況の中でも通販が伸びているか」の答に目から鱗の連続でした。なかでも通常の店Photo頭販売と通販広告の違いをTVCMを映しての解説は圧巻でした。「記憶させる広告」と「記憶はいらない、行動させる広告」の差が一目瞭然でした。このことは中小・中堅企業が世界中にアピールできる唯一の広告であり、すでに何らかで活用されているWEB(インターネット)広告、つまりホームページの作成についても、たいへん多くのヒントがありました。

 はからずも講演会の数日前に村上龍氏が経営者をインタビュするTV番組「カンブリヤ宮殿」で通販の雄、再春館製薬の西川会長が出演されていましたが、講師の伊藤氏はドモホルンリンクル立ち上げから8年間広告を担当され、今日の業績に関わった経歴の方です。TVでも村上氏が最後に「西川会長は随分と優しそうにみえましたが、本当は怒ったらこわいんでしょうねえ。九州の女将ですから。」というようなことを何度も繰り返していましたが、伊藤氏も「本当にもの凄く怖いです。」と言われてました。
 そのときの『机を叩かれて怒鳴られた』というエピソードはまた別の機会に。それにしても、充実した講演会となりました。

出席いただいた明日香出版社の石野相談役さまのブログにも紹介されています
 参考図書「買わせる通販ビジネス」(日本文芸社) アサツーディケイダイレクトコミュニケーション本部 伊藤博永編

|

« 五十六話 民主党政権と雇用 | トップページ | 五十八話 次世代勉強会のレクチュア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五十七話 「伸びる通販と広告戦略」セミナー:

« 五十六話 民主党政権と雇用 | トップページ | 五十八話 次世代勉強会のレクチュア »