« 八十七話 中小企業の評価とマネジメント | トップページ | 八十九話 景気の動向Ⅱ「貿易の数字」 »

2010年5月30日 (日)

八十八話 景気動向Ⅰ「港の活気」

Pict0096   先日、関西国際空港での仕事で神戸空港から出ているベイ・シャトルという船を使いました。斜めに渡るので早いのと、クルマで行けて駐車代が無料となるので、ときどき利用しますが、珍しく満席状態でした。中国人らしき観光客がほとんどでしたが、神戸市がツアーの外国人を無料にしているからのようです。理由は勿論、神戸への観光ですが、どうせ空いた船を走らせるなら、乗せていった方が良いに決まっています。神戸市も少し柔軟になってきましたPict0102_3

 神戸空港へ向かう途中、ポート・アイランドのコンテナ・バースを通P5290746_2 りますが、バースへ向かうコンテナ・トラックの数が半端ではありませんでした。リーマンショック前の活気が一気に戻ってきた感があります。昨年と較べたら、状況は一変したといえそうです。海を見ても、行き来する船の数が増えています。但し、輸出入ともかなり、戻っているのは確かですが、ポート・アイランドが賑わっているのは、コンテナ・バースを神戸市が集約しつつあるのも一つのようです。

 気がついたら、ハブ港を韓国釜山や中国上海 にもってかれてしまった日本の港湾ですが、巻き返しの目標ができたら、底力を発揮するのも日Pict0094 本です。かなり手遅れの感はあるも のの期待したいものです。
 このPict0110景気回復も欧州のソブリンリスクによるまたもの円高で水を浴びせられ、どうなるかまだまだ心配ですが、これからこのような山谷を繰返しながら、ある程度の景気をたもつのでしょう。火がついたアジアや南米の経済成長の基調は止まらないはずですから。新興地域に関連している企業の業績がそれを証明しています。

 写真左上:満杯のベイシャトル駐車場、左2段目:荷降しを待つコンテナ・トラックの列、右3段目:ポーアイのコンテナ・バース、右下段:コンテナを満載し港に入る船、左下断:クルマを運ぶ大型船も次々に岸壁に着く(六甲アイランド)

|

« 八十七話 中小企業の評価とマネジメント | トップページ | 八十九話 景気の動向Ⅱ「貿易の数字」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八十八話 景気動向Ⅰ「港の活気」:

« 八十七話 中小企業の評価とマネジメント | トップページ | 八十九話 景気の動向Ⅱ「貿易の数字」 »