« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

九十三話 これから日本は強くなる?

 5ヶ月半宇宙に滞在していた野口聡一さんがロシアのソユーズで帰還し、ハッチを開けたら鳩山首相が辞任していました。まるで、村上春樹の「1Q84」よろしく首都高の扉を開けたときから世界が変わってしまったように、その後、日本もちょっと違ってきました。
 それから10日後、小惑星「イトカワ」に着陸し、7年の旅から探査機「はやぶさ」が奇跡的に戻ってきました。しかも、神秘的な光の玉となったカプセルを本体から放出し、自身は花火のように燃え尽き、世界中をアッといわせました。そのカプセルには太陽系誕生の謎を解く「イトカワ」の石が入っているかもしれないという、興味津々の福袋つきで。
 その後今度は、サッカーワールドカップが始まり、大方の予想を覆して岡田ジャパンは競合を破り、1次リーグを通過、ベスト16に並びました。そして何よりも、日本中を湧かせ世界を驚かせたのは、1次リーグ通過よりも、その見事な戦いぶりでした。

 この二つの出来事は日本に再び自信をもたらしています。二つとも世界的な出来事であり、奇跡とさえ言えるのにツキだけではない潜在的な本来の力を感じさせ、世界に「日本なら有り得る」の感を与えたことでした。
 失われたこの20年を振り返り、グローバルの波が押し寄せるとともに、より鮮明になったことは、世界の中でどう見ても日本はいろいろなことが特殊だと言うことでした。
 バブル崩壊後、いつまでももたついているのは日本システムそのものが行き詰まっているから。世界に合わせて日本を変えて行かないとこの閉塞状態から抜け出せない。もはや全ての日本システムが役に立たなくなった。という、自信喪失であり、本当に日本のやり方では駄目なのかという逡巡でした。

 人事の方で言えば、日本システムは年功、終身雇用、定昇、定期採用、人型賃金、企業内組合など、どれを取っても世界とは異質です。でも、失われたこの20年、逡巡した20年を経て、ようやく何を残し、何を捨てなければならないかが見えてきました。
 きわめて日本的な特性による成果といえなくもない二つの出来事がもたらしたわが国の「自信」は、同時に思い切る「覚悟」をもわれわれに促しているように思われます。「自信を持ち覚悟を決めれば、これから、ようやく日本は強くなる」と。
 そのようなメッセージをこの二つの出来事から読むのはちょっと買被りも甚だしい、飛躍し過ぎでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

九十二話 ネットでピアノ販売

 Img 京都銀行さんからのご紹介で、中小企業のネット通販の成功事例セミナーを開催いたします。
 昨年は大手広告代理店のアサツーDKさんにネット通販の秘訣を3回シリーズでレクチュアいただきました。中小企業でも唯一、使える大きなメディアがインターネットということで企画したものですが、まさしく目から鱗の話しばかりで好評でした。ただし、アサツーDKさんの事例は「やずや」「再春館製薬」など通販大手でしたので、今回はもう少し手の届きそうなケースをと捜していました。
 『インターネットでピアノの販売と調律で業績が字状態』の会社があるということでしたが、そもそも、最初にこのお話しを伺った際には、正直、ネットでピアノが売れる?と半信半疑でした。お聞きすると、なんでも、それまで年商が300~400万という世界が一転して、ピアノ月40台販売といことですから、これは是が非でも、そのからくりを知るべしとご講演を頂くことにしました。
 メインのご講演に㈱ハーモニア代表取締役社長の石山雅雄氏、そのホームページをつくった㈱ジロップ代表の杵築雅彦氏とレンタル・サーバーのカゴヤ・ジャパン㈱坂上雅一氏にはその裏話をそれぞれ語っていただく予定です。何が出てくるか、興味津々です。少しでも中小企業のみなさまの販売等のヒントになればと思います。

Img_0001 プロフィールはクリック ㈱ハーモニア代表取締役社長の石山雅雄氏、㈱ジロップ代表の杵築雅彦氏、カゴヤ・ジャパン㈱坂上雅一氏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

九十一話 中国の賃金

 中国で賃上げ、待遇改善要求の大規模ストが続いており、収まる気配がありません。深せんの台湾系のフォックスコンの自殺者の多発、広東省のホンダの工場のストが発端と言われていますが、同省のホンダ系列の部品工場、西安市のブラザー工業、北京の韓国現代自動車の部品工場と、外資系大規模工場へ飛び火しています。会社の回答としての賃上げ率も出ている数字を見ると20~70%とたいへんなものです。ストの要因はさまざまあるようですが、事情はどうであれ新聞等でも報じられている通り、中国の企業環境が大きく変わりつつあるようです。

 日本でも賃上げ率が30%以上になったときがありました。36年前の1974年の春闘の昇給率が32.9%あります。日本もこの頃から、現在までの賃金制度の基礎となっている職能給の賃金体系、職能資格制度が大手中心に導入されはじめています。北京オリンピック、上海万博と言い、、現在の中国経済は丁度その段階といえるでしょうか。すると、現状は中国の労働市場に適した賃金制度が確立されていない未整備の段階ですが、中国も労働法とともに賃金Photo体系の整備がこれから本格化するに違いありません。

 但し日本との大きな違いは流動化している労働市場です。これから、職種概念ができ、欧州のように産業別の労働組合ができるのか、米国のように職務契約型の職務給型となるのか、あるいは日本が製造業で成功したように職能給型となるのか、まだまだ未知数の状態です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

九十話 評価は変わる①

 3日の朝日新聞の天声人語に面白い話が出ていました。吉田茂の逸話で、新聞記者にコップの水をかけた吉田首相が、ある貴い人から「気持ちはわかります」といわれたそうです。「水をかけたいと思うだけなら、誰でも思います」と吉田は答えたという。「大事なのは水をかけることでございます」

 これは退陣した鳩山首相が言葉の修飾ばかりで、決断、実行しなかったことにかけて、載せていたエピソードですが、現在の激しく変化する経営環境に置かれている各企業の人材についても同様のことが言えるように思います。その一つの証拠が各企業において、どのような人材を評価するかの基準が変わってきていることです。

 成果主義という言葉が「結果次第」という意味に使われた時期には、結果を恐れて新しいことに手を出さない、結果の出やすい目標を立てがち、計算ばかりで行動しないなどのデメリットばかりが目立ち、時代の変化にそぐわず、修正を余儀なくされました。その成果主義も「能力は高いが結果が伴わない」のアンチテーゼの時代から次第にこなれてきて、成果は当然大事だが、成果に至るプロセスも同様に大事と変わってきました。失敗を恐れず一歩踏み出すこと、チャレンジすること、リスクをとることが各企業の人事評価の重要項目となりつつあります。おそらく、その傾向はこれから益々強くなることでしょう。

 その意味では、中小企業の利点はトップが『こんな人材を評価したい』と思ったら、今からでも直ぐにできることといえます。評価基準、考課表を変更し、『これから、こういう人を評価する』と宣言できることです。多分、多くの経営者が思っているよりも、どのような人材が評価されるかを社員は意識しています。評価基準はボディブローのように効いてきます。
 小回りが利くのは変化の時代には大切です。少人数の会社においても、人事制度という道具をうまく活用する企業が増えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

八十九話 景気の動向Ⅱ「貿易の数字」

Pict0099  数字の確認をしておきます。前回の神戸港を含む近畿圏の4月の貿易概況は輸出額が前年同月比31.1%増の1兆2800億円で5ヶ月連続前年を上回っています。なかでもアジア向けは39・9%増で過去最高記録とのことです。内容は電子部品がアジア全域で伸び、韓国向けが液晶部品で、中国は科学光学機器が好調のようです。
 輸入の方も好調で前年同月比23.4%増の1兆127億円で、1兆円超えはリーマンショック以来とのこと。これで「港の活気」が裏づけられました。
 日本の1~3月期のGDPの伸びは年率換算で5%弱、これも凄い回復ですが東南アジア主要5ヶ国は二桁の17.7%。この中身は中国、インド向けの輸出です。やはり当面はアジアの成長にのっかる企業が勝ち組となりそうです。

 もう一つ、前回の記事に中国観光客のことを書きましたが、4月の大阪の主要ホテルの客室Photo稼働率が81.2%と2ヶ月連続で80%を超え、前年同月比5.2ポイント改善です。ホテル阪神で同10.3ポイント上昇の88.8%と好調。中国観光客獲得に向けた営業強化が功を奏したようです。ベイ・シャトルが中国観光客で溢れていたのがこれで納得です。
 でも、やはり気になるのはここへ来ての円高です。好調な輸出と観光に水をかけらそうです。また、凄い勢いで起こっている生産の海外流出については別の機会に。(数字は日経より)

 写真上:続くコンテナトラックの列、写真下:荷の積み込みは夜間も続いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »