« 百二十二話 海外で稼ぐ | トップページ | 百二十四話 旅行のトレンド »

2011年2月 5日 (土)

百二十三話 就職に強い大学

 大学生の内定率が12月1日で68.8%と過去最低(調査開始以来)ですが、福井大学の昨年度の就職率は94.3%と単科大学を除く国立大で3年連続の堂々の1位、全ての大学中でも2位(1位は国際医療福祉大)と日経の記事にでています。
 脅威の就職率の秘密は明確な指導方針をもち、きめ細かなフォローにあるようです。特にポイントは早い時期から就職活動をスタートさせていることです。まるで企業の就職協定問題の逆を張っているように見えますが、就業意識、職業観をしっかり持たせることは必要なことと思われます。ユニークなのは、学生が企業説明会に出向くのばかりではなく、反対に企業を大学に呼んで説明会を開いていることです。しかも通年というところがミソでしょう。まさに地方大学の知恵というところで、昨年は約110社おこなったとのことです。しかも、大手ばかりではなく、むしろ中小企業を積極的に行っている点がうれしいところです。
 学生数が減る中、今や就職に強い大学はブランドになりつつあります。おそらく、他の大学も真似をするところが増えることでしょう。中小企業もちょっと大学、高校の動きをリサーチしておくべきかもしれません。

|

« 百二十二話 海外で稼ぐ | トップページ | 百二十四話 旅行のトレンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百二十三話 就職に強い大学:

« 百二十二話 海外で稼ぐ | トップページ | 百二十四話 旅行のトレンド »