« 百三十話 ストーリーとしての競争戦略 | トップページ | 百三十二話 自動車産業の求人難 »

2011年7月31日 (日)

百三十一話 格安航空

 ANAが出資する関空を拠点とする格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションが来春の新千歳、福岡、ソウル(仁川)の就航に合わせて客室乗務員の採用募集をしたところ、90人程度の採用枠に3925人の応募があったとのことです。40倍の競争率です。雇用が厳しい中、未経験でも高卒3年程度の就労経験はあれば応募できるという業界の中では異例の条件もあって、殺到したようです。給料は公表されていませんが、他のLCCがとりわけ低い訳でもありませんから、初任給としては業界標準並ではないかと思われます。ただし、身分は2年まで更新できる契約社員で、職務は一人で何役もこなすマルチタスクということですから、あまい条件ではありません。東京ディズニーランドと同様、若い人は処遇よりもやりがいがあり、誇りが持てる仕事を捜しているのでしょうか。
 2010年の国勢調査で、初めて工場従事者数を専門・技術職数が上まわりました。介護従事者などが増えたことと、生産拠点の海外移転の影響で工場従事者数が減ったことが大きいと思われます。円高、電気代の上昇など、まだまだ拍車が掛かりそうです。雇用の職業分類の比率は徐々に変わりつつあります。
 雇用を伸ばそうとすれば、LCCのように新しい事業分野か新しい土地へ会社や工場をもっていくしかありません。どちらも、待遇面ではシビアにならざる得ません。賃金やその他処遇の仕切り直しです。地方の工場等誘致先での賃金は明らかに下がっています。そうしないと、既存の雇用の延長のところでは、なかなか下げられないからです。新しい賃金水準と身分のしくみの企業が一定以上に増えたとき、日本の人事は新しい段階を迎えます。

|

« 百三十話 ストーリーとしての競争戦略 | トップページ | 百三十二話 自動車産業の求人難 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百三十一話 格安航空:

« 百三十話 ストーリーとしての競争戦略 | トップページ | 百三十二話 自動車産業の求人難 »