« 百五十五話 海外で働く日本女性~その⑤ | トップページ | 百五十七話 ポジティブ・オフ »

2012年2月26日 (日)

百五十六話 人事コンサルという仕事

 初対面の方から、人事コンサルというのは何をしているのかとよく聞かれます。先日もあるドクターから聞かれたのですが、一言でいうのはなかなか難しいものです。
 会社が抱える「人事の問題」を解決するお手伝いなのですが、賃金、評価、身分、教育、マネジメントなどの「しくみ」を使って、答えようというのがわたしどもの仕事のスタンスです。でも、問題を聞いて、そこから賃金制度などの「しくみ」をつくって、「はい、どうぞ」と渡して済むようなものではありません。そんなことで「人事の問題」は、まず解決しないからです。そもそも、「貴社にはこの方法がベストです」などと言えたためしがありません。この制度にすると、こういうメリットはあるが、こうなるデメリットも大きい、というようなことがほとんどです。でも、ご相談の会社の多くは、現状のままではニッチもサッチもいかないから、新しい「しくみ」を導入するのです。ですから、「成果主義で賃金を上げ下げすれば、適正な人件費はクリアできますが、有能な人材は流出する可能性は大きくなりますよ」というようなリスクを正確に伝えて、選択して貰わないとならないわけです。
 したがって、コンサル中の主役は常に依頼主(たいていは経営者ですが)で、コンサルタントはあくまで縁の下のサポート役です。教育研修でもそうですが、外部のコンサルが主役となって上手くいくことなどありません。会社はずっと続けていかないPhotoとならないので、会社自身の努力が会社の成果につながること、そのメカニズムこそが大事なのです。人事コンサルは外部からの視点と経験から「こうすれば、こうなる」という先を読む視点とを持ち合わせているだけです。つまり人事コンサルの役目は、依頼主が自信を持って人事の決断をするための説得力のある道具や材料、ドバイスの提供といえます。
 ちなみに、 人事コンサルをする醍醐味は、依頼主から「やっぱり、人事が大事!」と言ってもらうことでしょうか。

|

« 百五十五話 海外で働く日本女性~その⑤ | トップページ | 百五十七話 ポジティブ・オフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百五十六話 人事コンサルという仕事:

« 百五十五話 海外で働く日本女性~その⑤ | トップページ | 百五十七話 ポジティブ・オフ »