« 百五十八話 3月3日の楠田塾 | トップページ | 百六十話 あれから1年 »

2012年3月11日 (日)

百五十九話 海外で働く日本女性~その⑥

 フP1000218ィレンツェの中央市場では、店舗で働いている4人の日本人女性にお目にかかりましP1000223た。日本人女性が多いのは、たぶん、日本人観光客が多いことも理由の一つでしょう。3人の方はフィレンツェにもう6,7年いるということでした。やはり居心地が良いようです。早朝7時~午後3時までが市場の時間で、それからフリーの自分の時間となり、皆さん語学の勉強や資格を取得するということです。目的意P1000217識がとても高いですね。市場の中は外よりも寒く、冷蔵庫のようなものです2p1000230_2 から、とくに女性は厳しそうです。 防寒はかなり念入りにされているようでP1000229したが、どこでも甘い仕事はありません。見掛けのイメージだけでは働けません。続けるには、強い意志が必要ですね。

 上2枚 フィレンツェは肉の都市です。見たことも無い生ハムやソーセージ、鶏やウサギなどの肉がいっぱいです。ハムといえば普通に生ハムです。試食するとたまりませんね。左2、3枚目はチーズ店です。日本人女性が包丁に載せて試食をさせてくれました。この方も市場を終えると語学の勉強だとか。右下 チーズのお店で働く日本女性とイタリア女性です。イタリア女性は同行の大手電機メーカーの方によると今回の旅で一番の美人だったとか 。お陰で、わたしもチーズを買い込みました。赤ワインとの相性は抜群 です。

|

« 百五十八話 3月3日の楠田塾 | トップページ | 百六十話 あれから1年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百五十九話 海外で働く日本女性~その⑥:

« 百五十八話 3月3日の楠田塾 | トップページ | 百六十話 あれから1年 »