« 百六十七話 鍵をにぎる管理職 | トップページ | 百六十九話 中小の賃上げ »

2012年5月 6日 (日)

百六十八話 海外で働く日本女性~その⑨

 聞いた話では、イタリア人は日本人のように列車の中で座ったら直ぐに眠るようなことはないそうでP1000294す。本当かどうかは定かでありませんが、言われて見ればフィレンツェから乗った列P1000288 車の中でも眠っている人は見掛けませんでした。
  それで、市場で働く日本女性が言っていたことを思い出しました。わたしが、「フィレンツェの人はみんな陽気で、レストランでも直ぐに話し掛けてくるし、どこで誰と話をしてもテンションが高いでP1000292_2 すよね」と言うと、「ひとの前ではね。プライベートではそうでもありませんよ」と。なるほど、そういうことなのですね。これで、街を歩く、お年寄りも皆シャンとP1000132_2 していて、映画のワンシーンのようにカッコイイ理由がわかりました。うーん、これは、気質というより、気概、美学ですね。意識しているのですから。「江戸っ子は宵越しの金は持たねえ」と、同じです。
 この「他人(ひと)の意識の仕方」も、今の日本の社会に欠けている一つのような気がします。フィレンツェは大人の街でした。

写真上左2つ:雰囲気が堪らないEU映画に出てくるようなヴェッキオ橋の宝飾店、右:橋の上、夜でも犬を連れた人が多いが皆おしゃれだ、左下:洒落たカフェにとても似合っていた女性客

|

« 百六十七話 鍵をにぎる管理職 | トップページ | 百六十九話 中小の賃上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百六十八話 海外で働く日本女性~その⑨:

« 百六十七話 鍵をにぎる管理職 | トップページ | 百六十九話 中小の賃上げ »