« 百七十三話 課題図書 | トップページ | 百七十五話 白い猫、黒い猫 »

2012年6月16日 (土)

百七十四話 空飛ぶドクター

 毎年秋に行っています、わたしどもグループの関与先さまの親睦会と講演会を今年も9月14日(金)に行います。今年の講演は、本邦初の海外ツアー等に同行するドクターを専門にされている医学博士坂本泰樹先生です。
 一時、エコノミー症候群が話題になりましたが、「機内にどなたか、お医者様はいませんか?」というのは、映画やドラマによくあるシーンです。グローバル経済、円高等で海外出張があたりまえとなりましたし、高齢者対象のツアーも多くなり、海外の旅先での急病など結構増えているとか。確かに、海外ツアーなどにドクターが同行してくれるというのは、何よりも安心です。41brc8wvhal__ss500_ 外国で医者に診てもらうにしても、言葉が通じないというのは不安の極みに違いありません。その国の病院に行くともなれば、まず、何をされるか、幾ら掛かるかと思ってしまいます。そんな時にツアーに専門の医師がいて、初診をしてくれる、付き添ってくれるというのは、何より有難いというほかないでしょう。これから、少々値段は上がっても、ドクター同行の長期海外ツアーが増えることでしょう。
 講演では、坂本先生が同行された実際のエピソードや海外の医療事情、高齢化にともなう日本の医療問題など、「空飛ぶドクター」という、なじみのない、ちょっと違った視点で語っていただく予定です。わたしも他人事ではなくなってきました。面白い話が聞けそうですね。

古くから贔屓させて頂いています、桂雀三郎さんの独演会が天満天神繁盛亭で7月23日に開催されます。昨秋のサンケイホールでの独演会を久しぶりに聴かせてもらいましたが、すっ、と違う世界へ連れて行ってしまう話Photo 芸は、また一段と研ぎ澄まされたものになっていて、感服しました。「落語のように、一人で物語の演者を使い分け、人を笑わせるという芸は外国にもなく、日本独自のものではないですか」と、関与先の社長さんが言われてましたが、その通りと思います。あんなことが会社でできれば、社員のモチベーションも簡単に上がってしまいそうですが。あやかりたいものです。23日愉しみです。

Photo本日6/21Photo_2の日経2面に、澤上篤人さんのヒット作「やっぱり!インフレがやってくる」と並んで、わたしの「やっぱり!人  事が大事」の広告が載っています。「やっぱり!」シリーズ?定着してほしいですね。

|

« 百七十三話 課題図書 | トップページ | 百七十五話 白い猫、黒い猫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百七十四話 空飛ぶドクター:

« 百七十三話 課題図書 | トップページ | 百七十五話 白い猫、黒い猫 »