« 百七十二話 パイの配分 | トップページ | 百七十四話 空飛ぶドクター »

2012年6月10日 (日)

百七十三話 課題図書

 少し前に、出版社から弊著「一人前社員の新ルール」が「500冊ほどまとめて注文が入りましたよ」との連絡がありました。顧客からのオーダー専門の取次ぎ店からの依頼だそうです。嬉しい話PhotoPhoto_2です。どこかの中堅、大手が新入社員や新人クラスに配布したのでしょうか。
  先日も関与先から、この「一人前・・・」を昇格試験の指定図書にと依頼がありました。見出しごとに読めるなど、使いやすいようです。
 弊著もときどきこのように社内活用をしていただいています。書き手にとっては「それなら、また書かなくては」と刺激になります。
 以 前には、わたしの少し風変わりな絵本「ぜ んまい仕掛けのトリケラトプス」が、関与先2社から感想文を書く課題図書となりました。あとで、その感想文を読ましてもらいましたが、「なるほど、こういう見方があったか」と、1aとても参考になりました。有難いですね。
 弊著を課題等ににされた折には、何卒ご一報下さい。感想文などは、是非読ませて欲しいですね。

|

« 百七十二話 パイの配分 | トップページ | 百七十四話 空飛ぶドクター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百七十三話 課題図書:

« 百七十二話 パイの配分 | トップページ | 百七十四話 空飛ぶドクター »