« 二百話 「日本になれるものならなりたい」 | トップページ | 二百二話 賃金の大きな流れ »

2012年12月24日 (月)

二百一話 トヨタの新退職金制度

 年金の空白期間が始まる、いわゆる年金の2013年問題と65歳までの全員継続雇用制度開始を目前にして、大手が対応策に動きだしています。NTTは40歳代から賃金の下方調整をはかり、60歳以降の賃金原資にあてる方針ですし、トヨタは60歳までに年金の空白向けの退職年金を毎年積み上げておき、退職を選択した場合にあてる新制度を検討中です。トヨタの制度は全員雇用と言っても退職を希望する人もあるでしょうから、年金がないために「辞めたくても辞められない」状態を回避する狙いがあります。18歳入社で毎月約8300円ずつ42年間計約420万円を積み立てる設計で、既にある企業年金と合わせて月21万円程度の収入を確保できるようにするとしています。
 大手がここへ来て慌ただしいのは、65歳までの全員継続雇用の制度で、中小企業の普及率が50.7%なのに対して、大手は23.8%しかないのが一つの理由です。でも、中小企業も年金の空白期間ができるのは同じで、なんらかで対応策は必要でしょう。退職金制度は不要どころか、必要性はより高まっているといえます。

|

« 二百話 「日本になれるものならなりたい」 | トップページ | 二百二話 賃金の大きな流れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二百一話 トヨタの新退職金制度:

« 二百話 「日本になれるものならなりたい」 | トップページ | 二百二話 賃金の大きな流れ »