« 百九十三話 中小企業の賞与 | トップページ | 二百九十五話 2015年元旦 »

2014年12月21日 (日)

二百九十四話 出向・転籍の相談

 このところ、どういうわけか出向・転籍に関する相談が増えています。おそらく、M&Aが思っている以上に拡がっていて、中堅、中小企業においても、活発になっていることが一つのようです。もう一つは、以前には中小企業においてはいわば「なあなあ」で行っていたのをきちっとドキュメント類を揃えるようになってきたこともあるようです。税務上も目につけられやすく、損金処理を否認されたりするケースも多いことから、規程や契約書を整える会社が増えています。
 どのような方法が良いか、実際にはかたちもケースバイケースで、籍を残す出向、残さない転籍、身分は社員あるいは役員、給与・報酬もスライドか下がるのか上がるのか、退職金の有無などによって変わってきます。一般には、子会社などへ出向すると賃金が下がることが多いのでその補填をどうすべきかの問題と退職金の扱いがポイントとなることが多いといえます。
 トラブルを避けるためにも、必要ドキュメント類は揃えておくべきです。だいたいそのときは口約束でお互いに納得済みであっても、何年もすると総務や経理担当者も引き継ぎがあったりしてわからなくなったり、また、本人も時間がたつと都合の良いように考えてしまったりするものです。やはり、相手先企業との取り交わし、本人との取り交わしなどきちっと残しておくべきです。

写真はPhoto_2近所にあるスカイビルのクリスマスツリー。周りにはヨーロッパの売店やメリーゴーランドもあって、寒い中大勢の人で賑わっています。スカイビルは海外の旅行ガイドに、日本の関西へ行ったら絶対に行くべき名所の一つに挙げられているようです。空中を行くエスカレーターが珍しいとか。長距離バスのウィラーやグランフロントもできて、本当に外人客が増えました。

|

« 百九十三話 中小企業の賞与 | トップページ | 二百九十五話 2015年元旦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二百九十四話 出向・転籍の相談:

« 百九十三話 中小企業の賞与 | トップページ | 二百九十五話 2015年元旦 »