« 三百話 外食産業の求人 | トップページ | 三百二話 ロイホのベアと景気の高揚 »

2015年2月15日 (日)

三百一話 新卒初任給の上昇

主な統計機関による大手中心の今年の賃上げ予測は、概ね昨年並みか、やや上回るといったところです。定昇込み賃上げ平均で、2.2%前後、ベアだけだと1000~1500円です。
 大手に較べて中小企業は、業績の厳しいところが大半というのが実態のようですから、ベアどころではない会社がほとんどと思われます。但し、賃上げはともかくとして、問題は初任給がどのくらい上がるかです。初任給は募集時に示さないとならないので、昨年のベアの影響を主に受けます。いくつかの統計機関の予測を見ると、201年春の各学卒別初任給のアップ額は概ね400~500円です。したがって、中小でもこの春、新卒を採る会社は初任給をこのくらい上げているところが多いことになります。この額なら、昨年採用した新入社員を越さないかもしれませんが、差は縮まります。若年層の底上げ(ベア)をするかどうか、考えどころとなります。
 初任給相場はこのようにして決まるために、2016年春には一段と上がると予想されます。
(18日に一部修正)

|

« 三百話 外食産業の求人 | トップページ | 三百二話 ロイホのベアと景気の高揚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三百一話 新卒初任給の上昇:

« 三百話 外食産業の求人 | トップページ | 三百二話 ロイホのベアと景気の高揚 »