« 二百五十話 同一労働同一賃金① | トップページ | 二百五十二話 賃上げ予測 »

2016年1月31日 (日)

二百五十一話 同一労働同一賃金②

 同一労働も同一労働価値も何が「同一」なのか、曖昧にしています。まずは仕事(職務)なのか労働力(職能)なのかですが、厚労省などが進めているのは労働力(職能)による社会的な基準づくりです。職種別職能基準で、これまで社内にとどまっていた職能基準を一般化しようというものです。ですが、賃金とリンクさせていないため、あまり役に立つものとなっていません。様子を見ながらというところでしょう。
 とりあえず日本はおそらく同一労働力同一賃金の考え方が向いているのだと思いますが、いずれにせよ職務や職能の区分、レベリングをどのようにするかが問題なのではありません。そこをどうするかに焦点をあてた解説や議論もありますが、それほど重要なことではありあせん。問題は同一職務や同一職能と言った場合に、職務や職能になにをプラスして入れるかです。具体的にいうと、勤続、年齢、学歴、性別、国籍等の属性やワークスタイルなどをいれるかどうかなのです(勿論、性別や国籍は違法です)。その意味では、職能型は勤続、学歴と相性が良いでしょう。職務型も欧州は学歴主義が濃いです。日本では年齢が考慮されても違和感はありませんが、米国では違法となります。但し、米国でも勤続は考慮されます。
 仕事に対して公平、能力に対して公平な賃金の観点からは、属性を入れれば入れるほど遠ざかります。でも、海外の職務給型をとっても純粋に職務だけというような国はありません。また、ある程度属性を入れることで雇用の流動化を薄めることができます。
 同一職務同一賃金の最も明確な国は米国です。職務に対して最も公平であり、合理的な賃金コンセンサスが出来上がっています。ただし、その代償として製造業が衰退してしまいました。製造業の就業人口は右肩下がりですし中小製造業は育たなくなりました。同一労働同一賃金は国のかたちを決める重要な問題なのです。正しい議論が望まれます。

ニュースで食品博を見ていたら、一つのブースにお客が列をなしていました。そのブースが軽井沢に本店のある丸山珈琲で、フレンチプレスの珈琲に列をなしていたわけです。どんなものかと東京の西麻布店に行きま1したら、確かに美味しい。でも、これまで飲んでいたドリップ珈琲とは別物というのが正解に思います。ブルーボトルは日本のドリップ式を逆輸入しましたが、海外で一般的なフレンチプレスが日本で洗練されて米国あたりへ逆上陸するかもしれませんね。

拙著「人を使うのが上手なリーダーのワザ」に台湾の出版社から中国語に翻訳し出版したい旨のオファーがあPhotoりました。嬉しいことです。人を動かす基本の基本がフィットしたのでしょうか。ぜひ出版となり、売れて欲しいですね。

|

« 二百五十話 同一労働同一賃金① | トップページ | 二百五十二話 賃上げ予測 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二百五十一話 同一労働同一賃金②:

« 二百五十話 同一労働同一賃金① | トップページ | 二百五十二話 賃上げ予測 »