« 二百六十三話 五月病の季節 | トップページ | 二百六十五話 賞与は評価次第 »

2016年5月 1日 (日)

二百六十四話 目標設定の季節

 目標管理を行っていて、期初が4月の会社は、連休前後に目標設定を固める会社も多いと思います。本来は3月に固め、遅くとも4月初旬にスタートしたいところですが、その時期は期末、採用、新人入社、昇給など、重要なイベントがめじろおしで、とても忙しいからです。ならば、もっと早くに決めてしまえばよいのですが、3月を締めないと次の期の設定がやりにくいという事情もあって、結局この時期になるというのが、多くなる理由です。
 したがって、この時期、わたしどもも目標設定の指導や面接の立会などで少々忙しくなります。しかも、連休で5月は稼動日が少なく、日程が詰まりがちで困りものです。けれども、目標管理は目標設定でその成否が決まるといっても過言ではありません。時間を掛けてでも、丁寧にすることが肝心で、それだけの値打ちがあるといえます。
 目標設定とは、目標の方向、達成基準、達成方法・スケジュールを設定することを指しますが、 実はほとんどの会社で最初からうまくは中々設定できません。これまでの中小中堅企業への指導でいえば、今期の自分の目標をフリーに初めて書いてもらうと、管理・監督クラスであっても、ほとんどの人が設定するのは目標の方向だけです。その方向が最も大事で時間を掛けることになるのですが、それだけでは設定になりません。そこから、どこまで、どうやってするかを具体的にする必要があります。しかも本人が自分でしなければなりません。したがって、最初はとくに時間が掛かることになります。でも、それだけの値打ちが充分あるといえます。

|

« 二百六十三話 五月病の季節 | トップページ | 二百六十五話 賞与は評価次第 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二百六十四話 目標設定の季節:

« 二百六十三話 五月病の季節 | トップページ | 二百六十五話 賞与は評価次第 »