« 二百八十六話 ハイブリッド型退職金 | トップページ | 二百八十八話 人事制度のはじまり »

2016年10月31日 (月)

二百八十七話 中小企業の四重苦

 景気の指標が悪い中、9月の完全失業率は3.0%、有効求人倍率は1.38と人不足はおさまる気配がありません。これで円安に傾きでもして、大手の業績が改善し始めたなら、さらに人不足は深刻になることでしょう。
 採用難で人が足らない中、長時間労働への規制は厳しくなり、最低賃金は毎年2%以上も上がって、さらに政府は雇用を流動化に向かわせています。雇用の流動化は中小企業にとっては、有能な人材の定着が難しくなることを意味します。
 つまり、現在の流れは、賃金のアップに加えて、時短を推進し、働きがいにつながる環境を整えざるを得ないという、タイトな選択肢を会社にせまるものです。大手企業では、7時間就業や残業ゼロを掲げる会社が出てきました。そうすると、そのしわ寄せはたいてい中小にまわってきて、さらに振りまわされることになりかねません。中小企業への逆風は高まるばかりです。
 この状況を乗り切るには、生産性のアップ、付加価値のアップしかないのですが、それが簡単にできるなら、とっくの昔にやっているということでしょう。しかし、人不足、時短、時給アップ、有休取得促進に休日の増加、この厳しい条件にこたえる手立てはやはりそれしかないと思われます。
 また、人不足と長時間労働への対処に雇用の多様化は避けられないに違いありません。雇用の多様化とは、パート、総合職正社員、時短正社員、地域限定正社員、職務限定正社員、高齢者雇用、外国人雇用、派遣社員などが混在することをいいます。このような人たちを活用し、生産性を高めるには、マネジメントできる人材が欠かせません。しかし、それは中小企業にとってはもっとも苦手な分野です。
 中小企業は大手と同じマネジメントを求めがちですが、中小に必要なのは高度なマネジメントではなく、底上げと思います。中小の人材教育はマネジメントの底上げに注力すべきです。

ご贔屓筋、桂雀三郎さんの独演会が今年も23日にサンケイホールプリーゼであります。今年のとりの演2016目は大ネタ「百年目」です。落語通の社長さんからの情報では、東は圓生、西は米朝さんが得意とした噺で、大旦那に番頭や手代に丁稚など登場人物が多く、使い分けが非常に難しいということです。そういえば、先週に雀三郎さんにお会いしたら、いつになく気合が入っていたような。林修先生に今一番の名人といわしめた雀三郎さん、さて難題「百年目」をどのように料理されるのか、今から愉しみです。

|

« 二百八十六話 ハイブリッド型退職金 | トップページ | 二百八十八話 人事制度のはじまり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二百八十七話 中小企業の四重苦:

« 二百八十六話 ハイブリッド型退職金 | トップページ | 二百八十八話 人事制度のはじまり »