« 二百八十四話 研修サポート① | トップページ | 二百八十六話 ハイブリッド型退職金 »

2016年10月17日 (月)

二百八十五話 リーダークラスの研修Ⅰ

 わたしどもでは班長、リーダー、主任、係長など、リーダークラスの研修にも力を入れています。もちろん管理職の研修も大事なのですが、効果を考えると会社によっては、リーダークラスを育成した方が効率が良いと思われる場合が多いからです。
 多くの中小企業では、リーダークラスの教育の目的の一つは管理職候補の養成といえます。そのために「ひとを使える人」の底上げをしようというものです。また、このクラスの底上げが管理職の意識を高めることにもつながります。
 中小企業では「実務のできる人」が、リーダークラスや管理職に上がっていかざるを得ません。実際は「ひとを使える人」にそれほど向いていなくともです。「向いていない人にさせるべきでない」というのは、その通りで正論なのですが、それをいっては中小企業では役職をする人がほとんどいなくなってしまいます。
 したがって、「ひとを使うのにあまり向いていない人」でも、最低限の基本スキルを身につけて、それらしくなって貰うことを研修の最初のターゲットとしています。また、自分は向いていないと思っている人でも、ポイントがわかると、「リーダー職もまんざらでもない」と伸びていくケースが結構あったりします。誰しも、覚えたことは実践してみたいものなので、向上心に繋がっていきます。
 中小企業のリーダークラス研修の要諦は、難しいマネジメントの学習はまたいずれということにし、まずはやればできる基本をきっちり身につけてもらうことといえます。

|

« 二百八十四話 研修サポート① | トップページ | 二百八十六話 ハイブリッド型退職金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二百八十五話 リーダークラスの研修Ⅰ:

« 二百八十四話 研修サポート① | トップページ | 二百八十六話 ハイブリッド型退職金 »