« 三百四十五話 中小企業の賞与 | トップページ | 三百四十七話 5年ルール② »

2017年12月18日 (月)

三百四十六話 アジアの昇給

 日経リサーチがアジアに進出している日経企業を対象に現地従業員の来年の昇給を調査しています。予想平均昇給率は5.34%で今年実績より0.21ポイントの低下予想です。ミャンマーなどの新興が加わったものの、全体ではこのところ低減傾向にあります。主な国の昨年と今年の率比較では、中国6.46→6.17、ヴェトナム7.99→7.77、タイ4.37→4.16、インドネシア8.32→8.29で、中国やタイなどは5年前の約半分の鈍化です。足元の景況感は悪くないものの、企業は楽観視しておらず慎重な姿勢が見てとれます。
 このような中で日本だけが賃上に突出するとはどうも思われません。人不足と大手の業績好調もあって政府は来春の賃上率3%を減税策とセットで目論見ます。でも、今年の2.11%(厚労省)は上回るでしょうが、企業は賃金の固定化を嫌い、大方は賞与に流れるように思います。

|

« 三百四十五話 中小企業の賞与 | トップページ | 三百四十七話 5年ルール② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515410/66163674

この記事へのトラックバック一覧です: 三百四十六話 アジアの昇給:

« 三百四十五話 中小企業の賞与 | トップページ | 三百四十七話 5年ルール② »