« 三百五十五話 仕事・ポストに相応しい人材 | トップページ | 三百五十七話 神戸港の貿易額 »

2018年2月28日 (水)

三百五十六話 スペシャリストコース

 紳士服のはるやまが、4月より販売員としても上位クラスへ上がっていけ、キャリアを積めるスペシャリストコースを新設します。これまでは、店長などのマネジメント職に就かないと、上位へ行けず、賃金も頭打ちだったのを改め、スペシャリストとして接客業を続けることができ、賃金もマネジメント職と同等になる道をつくったわけです。6年の店舗での接客等の経験の後、コース選択となるようですが、これは「人を動かしたり、店舗の業績に責任を持ったりというのはしたいわけではなく、引き続き接客業を続けたい」という社員ニーズに応えたもので、接客が優秀な人材の離職率の低下が狙いのようです。
 このような人材の定着、確保につながる、外からは見えにくい内部制度の改変は流れは、このところのわたしどもへの相談の傾向を見ても、かなり拡まっていると思われます。ただ、会社としては「マネジメントコースを選ぶ人がいなくなるのでは」という心配があるでしょう。両コースの差をどうつけるかが重要な課題になってきています。

clip「菜の花や月は東に日は西に」は蕪村が、現在の暦で4月頃に詠んだ句とされています。昨日夕方6時前ごろに撮った、このグランフPhotoロントの写真もまだ明るい東の空に真ん丸ではありませんが、月が掛かっています。1月31日の月食の日にもこの位置にありましたが、時刻は夜の9時前でした。間もなく3月、春は確実に近づいています。

|

« 三百五十五話 仕事・ポストに相応しい人材 | トップページ | 三百五十七話 神戸港の貿易額 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515410/66426865

この記事へのトラックバック一覧です: 三百五十六話 スペシャリストコース:

« 三百五十五話 仕事・ポストに相応しい人材 | トップページ | 三百五十七話 神戸港の貿易額 »