« 百十七話 雇用促進税制 | トップページ | 百十九話 メンタル不況 »

2010年12月25日 (土)

百十八話 鉄人28号効果

 神戸の長田は震災で大きなダメージをうけました。もともと靴屋さんなど手工業型の中小零細企業が密集した街でしたが、震災後の火災で焼け跡からの復興を余儀なくさPict0241_2 れました。かなり廃業などがあったようですが、現在も続けている会社はそれなりに気合の入ったところばかりのようです。

 長Pict0245田の復興を祈願して、鉄人28号の実寸大?モニュメントがJR新長田駅前 に昨年10月に完成しました。わたしなどはどっぷりと鉄人世代で、同時代のアトムよりもリアリティと共に畏敬の念すら感じ、鉄人のホンモノ?が見れるなどとはそれだけで痺れてしまいます。

  その鉄人が大阪市立大の小長谷一之教授らの試算で、完成からの半年間で142億7千万円の経済効果があったと発表されました。建設の事業費は1億7500万円だそうですから、たかだか半年で80倍の効果です。当初は「まったくムダだ」とか「もっと別なものに使え」とかの声もありましたが、近年では大成功の町興しとなりました。Pict0237

 実物はさすがに迫力があり、足元に立つと元気がもらえたよう な気分になります。神戸のPict0233新しい名所となりました。丁度行ったときも、中国からと思われる二人組みの女の子に写真を頼まれましたが、鉄人28号は海外でも知られているのでしょうか。
 わたしどもの関与先にも長田の中小企業と取引のあるところが結構あります。頑張れ鉄人!です。そのうち、長田の成功にならって鉄人のライバルのブラックオックスがどこかの街に出現するかもしれませんね 。

| |

« 百十七話 雇用促進税制 | トップページ | 百十九話 メンタル不況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百十八話 鉄人28号効果:

« 百十七話 雇用促進税制 | トップページ | 百十九話 メンタル不況 »