« 百四十六話 いいわけ | トップページ | 百四十八話 年越しも執筆中 »

2011年12月18日 (日)

百四十七話 中小企業の人材戦略

 中小企業では思うように人を採用できません。慢性的に採用難です。このような人材が欲しいと思ってもなかなか適いません。たとえば、技術系の新卒などはまず無理と考えた方がよいことになります。このところの就職難で、中小企業にもこれまでになかった学歴の者の応募があったりしますが、採用できる職種は限られています。そもそも中小企業の採用は大手企業の動向次第で大きく変わり、応募者の質は年によって凸凹になります。また、人数のキャパから毎年採用できるわけではありませんから、人材の構成は凸凹があたりまえとなります。大手企業のように、新人の質のバーを一定以上に設定することなど到底できないのです。ですから、中小企業の人材戦略は凸凹の人材をそれなりの戦力に育成するしかないのです。

 先日、TVの番組に漫画やフィギュアの中古品全国チェーンの「まんだらけ」を運営する社長の古川益三さん出ていました。「まんだらけ」には、カードゲームやフィギュアの値打ちを即座に鑑定して値段を即決できるが○○マスターが大勢いるとのことです。○○マスターとは確かにスペシャリストですが、カードゲームのことなら何でも知っているが他のことは何も分からない、いわばオタクの極みです。古川さん次のようなことを言っていました。「オタクはそのままじゃ、まったく役に立たない人材です。社員として役に立つまでに10年かかります。」と。

 中小企業の人材育成はこの「まんだらけ」が参考となります。一定以上の総合力が揃った人材は簡単には集まらないのです。他はもう一つでも何かしらに秀でた人材を採用し、会社という組織で力が出せる人材に教育することが必要となります。したがって、会社としては何よりも組織人としての基本指導を徹底することが原則といえます。

 

| |

« 百四十六話 いいわけ | トップページ | 百四十八話 年越しも執筆中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百四十七話 中小企業の人材戦略:

« 百四十六話 いいわけ | トップページ | 百四十八話 年越しも執筆中 »