« 百五十一話 海外で働く女性~その② | トップページ | 百五十三話 海外で働く日本女性~その④ »

2012年1月29日 (日)

百五十二話 海外で働く女性~その③

 リクルートワークスの調査によると、大学新卒者で安定・内向き志向が7割、すすんで海外へP1000112 も行く積極派が3割とのことです。これが本当だとすると、ずいぶんと健全な数字です。日本の若者も捨てたものではありません。たしかに今回の短いフィレンツェ行きでも9名の働く日本女性にお会いしています。P1000166

 フィレンツェで最も賑わう通りにブランド店が並んでいます。フィレン ツェは革製品がP1000263有名で、靴のフェラガモの本店もあります。ブランド店の中で、旅行ガイドブックに日本女性が常駐しているとあったルイ・ヴィトン(フランスのグランドですが)P1000117_2 に立寄りました。二人の若い日本女 性が応対してくれて、タックス・リファンド(税の還付)について丁寧に教えてくれました。一人の方は、この店に来る前にはヴェネチア店に居たそうで、その前は東京とのことでした。とても優秀なキャリアガールのようですね。

 タックス・リファンドは12%ぐらいフィレンツェ空港で日本円で還付されます。搭乗手続き後に中にカウンターがあるとヴィトンで聞いていましたが、フィレンツェ空港は手続き前です。危ないところでした。
 写真左下~夕方に道路からポールがせり上がり、メイン通りはクルマの通行止め、歩行者天国となる。

|

« 百五十一話 海外で働く女性~その② | トップページ | 百五十三話 海外で働く日本女性~その④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百五十二話 海外で働く女性~その③:

« 百五十一話 海外で働く女性~その② | トップページ | 百五十三話 海外で働く日本女性~その④ »