« 三百九話 レゴの経営危機と復活 | トップページ | 三百十一話 有給休暇消化率 »

2015年4月19日 (日)

三百十話 中小の賃上げ②

大阪シティ信用金庫が府内の中小企業の賃上げ状況を発表しました。1170社のアンケート調査で、その8割が20人未満というデータです。それによると賃上げ実施企業は25.4%、実施企業の賃上げ率は2.77%となっていて、業種別では小売業のみが両方とも上がっているものの、全体平均ではどちらも昨年(実施27.6%、率2.77%)よりマイナスです。それに引き換え19日に載った、大手中心の春闘の日経の集計では、ベア実施企業が半数を超え、率も2.43%(昨年2.14%)と98年以来の水準となったということですから、対照的な結果となっています。
 中小企業の調査結果で、賃上げした企業の実施理由としては「業績向上」が63.9%の一位だったのですが、賃上げしなかった企業の一位は「景気の先行き不透明感」で63.5%です。つまり、少人数の企業は足元の業績というより、この先の不安感というマインドが、まだまだ回復していないということになります。アベノミクスの成否はこれからの先行きを示せるかにかかっているといえそうです。

6年もの間、改修工事をしていた姫路城がようやく終えて、上がれるようになりまPhotoした。唯一の観光資源といえるお城が使えずで、姫路の人たちはよく我慢したものです。お蔭で見違えるほど美しくなった天守閣目当てに、平日にもかかわらず街は観光客で賑わっていました。外人観光客もいっぱいです。それにしても改修後の天守閣は本当に白い。おそらく50年前の昭和の大修理の直後もこんなだったのでしょう。今年いっぱいくらいは今の白さでしょうか、白い間に一度ご覧あれ。
Photo_2禄創業の伊勢屋本店さん(写真の本にも書かれています)の姫路銘菓玉椿の餡は白いPhoto_4のですが、白餡ではありません。白いあずきで甘さが口に残りません。さすがに献上菓子とあって上品な味です。



| |

« 三百九話 レゴの経営危機と復活 | トップページ | 三百十一話 有給休暇消化率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三百十話 中小の賃上げ②:

« 三百九話 レゴの経営危機と復活 | トップページ | 三百十一話 有給休暇消化率 »