« 四百四十話 緩む売り手市場 | トップページ | 四百十二話 採用と定着~その1 »

2020年3月11日 (水)

四百四十一話 今年の入社式

 中小企業においても、 新卒を採用している会社はほとんどが、4月初めに入社式を行っています。今年は新型コロナの影響で、大手などでは中止を決めたところが報道されていますが、わたしどもの関与先では概ね予定通り行うとしています。それほど人数が集まるわけではないので、支障ないだろうというわけです。ただ、できるだけリスクを回避する観点から、東京や地方の営業所の新人は関西の本社に呼ばずに、テレビ会議で参加という会社はちらほら出てきています。
 新人研修も、同じく関与先では今のところ、とくに変更はないようです。各社、折角、苦労して採用した人材ですから、教育・育成には手を抜きたくないのです。それよりも、予定通り来てくれるか、体調を崩して来れなくなるようなことはないかを心配しています。
 それにしても、今年の新人はスタートから大変な洗礼を受けることになりました。でも、今年、これから就活に入る学生よりもある意味、良かったと思っていることでしょう。長く勤めてくれそうな気がします。

|

« 四百四十話 緩む売り手市場 | トップページ | 四百十二話 採用と定着~その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四百四十話 緩む売り手市場 | トップページ | 四百十二話 採用と定着~その1 »