« 第五百一話 令和6年 | トップページ

2024年1月30日 (火)

第五百二話 仕事を深める

 中小企業にとって、これから重要になる施策はいかに仕事を「やりがいのあるもの」にするかでしょう。大手と差別化をはかり、人材の獲得と定着を高めるのに、賃金だけではどうしても限界があります。
 「やりがい」は「業績数値の追求」や「役職位を上げる」など人によってことなりますが、純粋に「仕事を深めたい」という人が増えたのは確かです。それは会社が求めるものとも合致するでしょうし、良い傾向ともいえそうです。
 では「仕事を深める」にはどうすれば良いかですが、会社の仕事内容によってかなり異なります。例えば、営業主体の卸売業などは、「仕事を深める」ことと「部署の責任者になる」「何人かを動かして組織目標を達成する」ことと、あまり乖離はありませんが、スキルとしては見えにくいといえます。製造業などだと「仕事を深めたい」が「人を使う仕事は苦手、避けたい」という人も多いでしょう。でも、スキルとしては見えやすく、ステップアップしやすいともいえます。
 これからは、「仕事を深める」ことについて、具体的にどうすることで、どのように伝えれば良いか、自社の仕事と照らし合わせてよく検討する必要がありそうです。また、その場合に目標管理の手法はおおいに役に立つと思われます。

✒弊著の出版社から書店フェアの写真が届きました。有隣堂ららぽーと豊洲店と住吉書房元住吉店で、自己啓発関連のビジネス書のフェアのようですが、Photo_20240130102702 Photo_20240130102701 こうして並ぶとなかなかインパクトがあります。わたしの本も良い場所に2冊並んでいて、有難いですね。

| |

« 第五百一話 令和6年 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第五百一話 令和6年 | トップページ